Menu
スタッフブログ

人材派遣で倉庫業務を効率化できるのでしょうか?

ブログカテゴリ

ブログ一覧に戻る

人材派遣で倉庫業務

 

倉庫において必要な仕事とは

 

 

テレビ番組の合間に流れるCMや雑誌の広告など、いたるところに通販の情報があふれている昨今。

 

 

 

健康食品通販やネットショッピングなど、インターネットの普及にともなって通販の需要は爆発的に増加しました。

 

 

 

このような通販利用の増加にともない人材不足になっているのが、通販倉庫での在庫管理や通販倉庫からの発送業務といったお仕事です。

 

 

 

「通販での倉庫業務なんて単純作業ばかりじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

 

 

 

通販倉庫などでの倉庫業務は、通販や流通に関係する企業において非常に重要な位置を占めます。

 

 

 

まず、この倉庫業務には大きく3つの仕事があり、1つ目がピッキングや仕分けなどの「倉庫内軽作業」、2つ目が「倉庫管理作業」、3つ目が倉庫内物資の「輸送、配送」です。

 

 

 

特に「倉庫内軽作業」においては、スキルは求められないものの、通販需要の高まりから通販倉庫では人材不足になりやすく、アルバイト求人に頭を悩ませている企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

また一方で、管理者としての経験が必要な「倉庫管理作業」やフォークリフトなどの運転免許が必要な「輸送・配送」の業務に自社雇用の社員を使っているが、もっと仕事を効率化して人材コストを最適化したい、と考えている方も少なくないかもしれません。

 

 

 

このように倉庫業務に携わる企業において重要な、通販倉庫における人材不足解消や倉庫業務の効率化といったことに効果的なのが、倉庫業務における人材派遣の利用です。

 

 

 

 

倉庫業務で人材派遣を利用するメリット

 

 

 

しかし、倉庫の仕事で人材派遣を利用するといっても、通販倉庫での仕事、特に倉庫内軽作業では自社雇用のアルバイトを採用した方が人材派遣を利用するよりコストも安くなるのでは? と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

確かに人材派遣よりもアルバイトを求人した方が、人件費は大きく下がります。

 

 

 

しかし、人材派遣には自社雇用のアルバイトの求人にはない大きなメリットがあるのです。

 

 

 

ここでは、倉庫業務の人材不足解消としてアルバイトよりも人材派遣を選択するメリットを2つご紹介します。

 

 

 

倉庫業務に人材派遣を利用する1つ目のメリットは、必要なときに必要なだけ発注し、倉庫の仕事を効率化できることです。

 

 

 

通販倉庫では倉庫で取り扱う商品によって、通販倉庫からの出荷が多い時期とそうでない時期が出ます。

 

 

 

例えば衣類の通販倉庫なら、季節の変化やセールの開催といった要因で倉庫の仕事量が変動するため、繁忙期には人材不足に陥りやすくなります。

 

 

 

そこでピッキングや仕分けのような倉庫内軽作業においてアルバイトを直接雇用して倉庫の仕事を行うような場合、長期アルバイトであれば倉庫からの出荷が少ない時期に余剰人員が出ますし、短期アルバイトであれば倉庫が繁忙期になるたびにアルバイトの求人や人材育成のコストがかかるため、倉庫業務における人件費の調整が非常に難しくなります。

 

 

 

人材派遣は必要な時期に必要な人員を派遣してもらえるため、倉庫の仕事量に合わせて人材派遣を利用することで、人件費を最適化することができるのです。

 

 

 

倉庫業務に人材派遣を利用する2つ目のメリットは、人材派遣では必要なスキルを持った人材を派遣してもらえることも多く、自社で求人や人材育成を行う必要がないことです。

 

 

 

そもそも人材派遣の特徴として、希望に応じた即戦力の人材派遣を受けられることがあげられます。

 

 

 

そのため倉庫業務においても人材派遣会社から、既に倉庫業務の経験がある即戦力の人材を中心に派遣してもらうことができ、倉庫の仕事について人材育成をする必要がありません。

 

 

 

例えば倉庫内軽作業であるピッキングは特別なスキルが必要ない仕事で、アルバイトでも仕事をすることができますが、ピッキングを効率化して進めるには正確性や慣れといった、倉庫業務の経験が必要になります。

 

 

 

人材派遣にはピッキングの倉庫業務の経験のある人材が多く登録しているため、求人でアルバイトを雇うよりも倉庫での仕事を大幅に効率化することができるのです。

 

 

 

同時に、人材派遣では派遣元で安全についての研修を受けており、倉庫での仕事における安全性も向上します。

 

 

 

また、フォークリフトの免許といった特殊な資格が必要な倉庫業務に関しても、人材派遣であればそれに応じた人材を派遣してもらうことができます。

 

 

 

このような特殊なスキルを持った人材を直接求人すると求人や人材育成のコストがかかりますが、人材派遣を利用すれば求人や人材育成のコストを抑えることができ、そのような点でも倉庫の仕事に対するコストをアルバイト雇用よりも効率化することができます。

 

 

 

このように、倉庫の人材不足解消に人材派遣を利用することで、倉庫の仕事を効率化することができるさまざまなメリットを得ることができるのです。

 

 

 

人材派遣会社へのアウトソーシングで倉庫の仕事を効率化

 

 

 

以上のように、倉庫での仕事において人材派遣を利用することで、倉庫業務の効率化においてさまざまなメリットを得ることができます。

 

 

 

しかし、単純にスタッフとしての人材派遣だけでなく、さらに倉庫業務を効率化することができる人材派遣の利用法があります。

 

 

 

それが、倉庫における仕事を、すべて人材派遣会社にアウトソーシングするという方法です。

 

 

 

倉庫業務全体をアウトソーシングされた人材派遣会社では、倉庫の管理者から倉庫内作業員までをすべて人材派遣によってまかないます。

 

 

 

これにより、通販倉庫への入庫から在庫管理、ピッキングや仕分け、梱包、そして出庫までをワンストップで請け負うことができるため、状況の変化に応じて作業を効率化できるのがメリットです。

 

 

 

特にスポットの人材派遣とアウトソーシングを掛け合わせた、長期アウトソーシングとスポット派遣の特徴を併せ持つハイブリッドアウトソーシングを行うことで、倉庫の仕事量の変化に対して適時人材派遣や配置を行うことができます。

 

 

平常時に必要な最低限の人数をベースとして、日ごとの業務量に応じてスポットの人材派遣により人数を調整することで、コストと業務を最大限に効率化することができます。

 

 

さらに、このように通販倉庫の仕事すべてをアウトソーシングすることにより、自社から倉庫業務へ人材を出す必要がなく、営業や販売、広報といった売上に関する業務への注力が可能になります。

 

 

こうすることで、経営の上でも倉庫業務を効率化することができるのです。

ブログ一覧に戻る

ページ上部へ